拍子

「拍子」とは、西洋音楽の用語です。

何拍子とは、譜面上の一小節内の拍数を表す単位です。

分かりにくいでしょうか?

「拍」とは

  1. 手のひらを打ち合わせる

  2. 手でたたく、拍子をとる、ビート

  3. 音楽用語、音楽の時間的継続を分割する基本的単位、リズムの中の最小単位

「拍」の使われる言葉として、「心拍数」はどうでしょう?

●心拍数・・・一定の時間内に心臓が、脈を打つ回数(拍動数)

ここで、表される一定の時間とは、1分間です。

ですから、「心拍数」とは、1分間に心臓が脈を打回数のことを言います。

では、音楽用語の「拍子」に戻ります。

●拍・・・ビート、打つという意味があります。リズムの中の一番小さい単位

●拍子・・・ 24つの拍が規則正しい強弱を持ちながら、まとまりを作って、反復することを拍子といいます。

何拍子とは、譜面上に書かれた音符が、1小節に何拍あるかで、何拍子であるかを表します。

「拍子」のつながりや、強弱を、まとまった拍を1つのグループと感じ取れた時、皆さんの中で「リズム」が生まれます。

拍子は分数にして表されます。

●2分の4拍子・・・1小節に2分音符が4つ(4拍)入る

●8分の4拍子・・・1小節に8分音符が4つ(4拍)入る

 

作成者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です