*

パーソナルトレーニング

*

トレーニングのご紹介。

*

多彩なサイドプランク

サイドプランクには応用形のパーソナルトレーニングがいくつかあります。


基本形では片側の前腕と足で体を支えた状態から、肩関節を曲げていきます。この状態から、頭の方向からチューブを引くトレーニングや、腕を体の前に伸ばしてチューブを引くトレーニングがあります。また、もう一方の腕を上に伸ばしてダンベルを持つということもできます。さらに、ボールを使ったトレーニングも。基本形の状態です両足の間にボールを挟むというトレーニングです。


プランク・ニー・トゥ・エルボーは、その名の通り、肘を使います。前腕とつま先で体を支えたプランクの姿勢になり、股関節を外側に回しながら、片膝を同じ側の肘につけます。この姿勢を数秒キープしたら元の姿勢に戻り、同じことを繰り返します。


プランク・レッグ・アブダクションは、前腕と一方のつま先で体を支えるトレーニングです。股関節を外側に回転させて一定時間キープしましょう。反対側でも同じように行います。


プランク・エルボーハンドアップ/ダウンは、前腕とつま先で体を支えます。腰椎を伸ばしすぎないようにして、腹筋と大殿筋を意識することがポイントです。そして、片肘を床から離して手を床につきます。逆側の肘も床から離し、コアのバランスを崩さないよう気をつけながら手を床について両手とつま先で体を支えましょう。


ボールプランク・エルボー・ハンドアップ/ダウンは、ボールを使ったトレーニングです。前腕をボールにつけたら全身を伸ばし、つま先を床につけて体を支えましょう。