*

パーソナルトレーニング

*

トレーニングのご紹介。

*

ヒップフレクサー

床に座って行うパーソナルトレーニングの一つに、ヒップフレクサーと呼ばれるものがあります。両膝を抱えて床に座り、コアを安定させながら股関節を屈曲させていくというものです。これは、股関節の屈筋と腹筋群を鍛えることができます。ヒップフレクサーにはもう一つあります。両手を胸にあてて、コアを安定させながら股関節を屈曲させるトレーニングです。これも前述のものと同様、股関節の屈筋と腹筋群の強化にこうかがあります。


続いて紹介するのは、チューブを使ったトレーニングです。チューブ・クアドルベッド・フットレイズは、両膝と両手を床につき、両手と片足にチューブをかけるとこらからスタート。コアをニュートラルにしておくことが重要です。コアを安定させたまま、チューブをかけた側の膝関節をストレッチします。チューブ・クアドルベッド・ハンドレイズは、チューブ・クアドルベッド・フットレイズの姿勢から、チューブをかけた足と反対側の肩関節を外側に回旋させながら手を斜めに上げます。どちらか一方ではなく、バランスよく両方行いましょう。僧帽筋下部の強化に役立ちます。


家にボールがあれば、ボールスタビリティーボール・ハンド・ウォークがおすすめです。両手を床につき、大腿部をボールにのせて全身を伸展し、コアを安定させ、そのまま手を使って前方に移動します。バランスが崩れない程度に移動したら停止、という流れを反復して行いましょう。バランスを崩しては意味がないので、前方に移動する時はバランスを意識してください。