*

パーソナルトレーニング

*

トレーニングのご紹介。

*

ウォームアップトレーニング

ウォームアップに効果のあるパーソナルトレーニングを紹介します。


直立の状態で腰に手をあて、左右の骨盤の高さを同じにして、腰椎を曲げないように気を付けつつ片側の股関節、膝関節、足関節を屈曲させる。これをスタンディング・ニーアップと呼びます。また、直立の状態で足関節を屈曲させたまま、片膝を上げて両手で抱えるトレーニングもあります。


スタンディング・ニープッシュも直立の状態で行います。片膝を上げてコアを安定させ、上げた膝の上部を両手で押さえます。このとき、お腹に力を入れるよう意識してください。このトレーニングでは、股関節屈筋と腹筋群を同時に活性化させることができます。


スタンディング・インサイド・ニープッシュは、直立して片膝を上げ、反対側の手で、上げた膝の内側を押さます。それと同時に、上半身を回転させながら、お腹に力を入れましょう。腹横筋や内・外腹斜筋、股関節内転筋を活性化させることができます。このトレーニングでは、上げた膝と同じ側の手で、上げた膝の外側を押さえるようにすると、股関節外転筋とコアの側面の筋肉が活性化します。
壁が使える場所であれば、ウォール・ニーアップができます。両手を壁につき、頭、肩、股関節、膝、足首を一直線にして体を前傾させ、片膝を上げていきます。両手ではなく、片手を壁についた状態で曲げた膝上部に反対側の手をあてるトレーニングも効果的です。壁についた手と同じ側の膝を上げ、膝の内側に反対側の手をあてるトレーニングもあわせて行うのがおすすめです。