*

パーソナルトレーニング

*

トレーニングのご紹介。

*

正しいトレーニングをする

安全、効果的なパーソナルトレーニングをするためには、いくつか気をつけなければならないことがあります。


一つめは、自分に足りないものは何かということを見極め、優先度の高いエクササイズを行うことです。静的、動的アライメントをチェックしてフィットネスアセスメントを知り、プログラム内容や順序を柔軟に決めていくと良いと思います。


二つ目は、トレーニングの理論をきちんと理解することです。たとえば、腰痛を改善するパーソナルトレーニングを教えてもらったとしても、そのトレーニングのメリットやデメリットがわからなければ、やってみようと思えないかもしれません。


三つ目は、実際に自分自身でもエクササイズをやってみたときに、どの部位を意識して鍛える必要があるのかなどをつかんでおくことです。自分ができるようになれば周りに教えてあげることもできるでしょうし、間違っているときは指摘してあげられると思います。


四つ目は、臨機応変にパーソナルトレーニングのメニューを変えることです。自分が選んだトレーニングが、必ずしも自分にとって最適だとは言えませんに対してよいと思って選択したエクササイズでも、人によって与える影響は違います。場合によってはトレーニングで痛みが出たり、トレーニングできているか実感できなかったりといったことがあるかもしれません。そんなときに、やみくもにトレーニングを続けることはやめましょう。問題があるときは、他のエクササイズを選択することも大切です。